読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxx&you

暇な時、何かもやもやして吐き出したい時、嬉しかった事があった時、気の向くままに書いています。

横浜を考える。横浜ってさ。

先週一週間風邪にやられたあたしですが、まわりの友人がどんどん風邪にやられ倒れていくのを聞くと”ほんとに流行ってるんだねえ”とやたら実感してる最近です。


この前福岡に住んでる友人に誕生日プレゼントを送ったのだけど、電話で話していて気付いた事があった。


「himawariって、横浜やろ?横浜ってなんか名物あるん?」
(喋り方がうまく再現できてないです。ごめんなさい)


そう、横浜の名物!



横浜の名物って、ええとね…。


いや、細々とはあるんですよ!

横浜の有明ハーバーとかさ、あと…

そうそう、中華街とかね!!


中華街、何度行ってもどこのお店か見分けつかないけどね。

どこのお店も派手すぎて訳分からないし、下手に適当な所で肉まんとか買うとすごい外れたりするしね。


あと栗の押し売りね


中華街でなにを体験したらいいかと言われたら1番オススメするかもしれない。


中華街の入口に看板あるからね。


「栗の押し売りにご注意下さい」って。


歩いてると、そりゃあもう栗攻撃ハンパない。


そして立ち止まって味見なんかしたら最後、きっと買わされるんじゃないかと思わせるほどの勢い。


いやいや、これは横浜名物じゃないし。


うちは横浜だけど鎌倉寄りだから、湘南の海とか、江ノ島とか、鎌倉とか言いたいけど


「それ横浜じゃないやろ?」って言われて、確かにまあ、そうよね…


と、また考えるハメに。


そしたらひらめきました。


崎陽軒崎陽軒のシウマイ!!!


なんだかよく分からないけど、横浜と言えば多分崎陽軒です!

ただのシュウマイだけど、崎陽軒は違う。


シウマイ


なんですって。


まあ、呼び方なんてなんだっていいんですけどね…。
ほんとただのシュウマイだしね。


個人的にはそこまで美味しいとか思ったりもしないしね。


崎陽軒シウマイ弁当に入ってるあんずが、”なんで弁当にあんず入ってるんだよ”とただただそこが気になるくらいでね。


なんか、そうなんですよね。


他に誇れるような大したものってないんだよね。

と、話を締めくくりました。


その友人は優しいから
「横浜の夜景ってキレイなんやろ?」と言ってくれました。


自分でも確かにキレイだと思う。

ランドマークとかインターコンチネンタルホテルとか観覧車とか、あの辺の夜景は。
反対側にはベイブリッジとかもある。


ただ、ただね。


あの夜景があるのって横浜駅じゃないんだよね。


桜木町駅なんだよね。



みなとみらい21とか、あんまりセンスを感じられないネーミング地区だしね。


カップヌードルミュージアムに行って自分好みのカップヌードルを作ろうとトッピング入れまくると、とんでもなく高価なカップヌードルが出来上がる。
 

連休中に桜木町で映画を観ようものなら、ネットで座席指定しておかないと

ディズニーランドのアトラクションか?!

と思うほどの列に並ばないと映画観れません。


もう観る前に心が折れる


なんか横浜って、人がやたらと多い割にたいして面白くもない所なのかもしれない…。


もし横浜に来たことがなくて夜景を観ようと思ったら、オススメの場所はあります!


山下公園からも近い大さん橋


そこからの夜景めっちゃキレイです。

みなとみらいの夜景一望できます。
反対側に行けばベイブリッジもばっちり観れます。


ちょっとお金を頑張れば、そこそこの客船でムーディなディナーのクルージングも出来ます!


運がよければ超豪華客船の出航の見送りができます!
誰だか全く分からない人だけど
「(次の停泊地どこか知らないけど)行ってらっしゃい!」と笑顔で手を振ると、笑顔で手を振りかえしてくれます!


初めて豪華客船の飛鳥Ⅱを見た時はさすがに

”で、でかい…”

と思ったのと共に、なんとも不吉な事にタイタニックを思い出しました。



あんなでっかい客船がベイブリッジなんかの下を通れるのかと思って見てると、案外普通に通って大海原へ旅立っていかれます。


大きな客船を方向転換させるのってタグボート?とかいう、ものすごい普通のちっちゃい船。


”自力で方向転換できないのかよ…”

とか思ったけど、あんな狭い港じゃできないんでしょうね。


船先にゴムみたいなのがついてて押すんですよね。


それで方向転換をしながら出航して、どこぞの国へ行くらしいです。


喫煙所にいると、たまに豪華客船のダンサーさんとかと出くわします。

言葉通じないからさっさと逃げます。


さてと、午後からも頑張りますかー!


 Have a ηice ϑay!