読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxx&you

暇な時、何かもやもやして吐き出したい時、嬉しかった事があった時、気の向くままに書いています。

色んなお店を行ったりきたり。雑貨屋さんのお兄さんありがとう。

仕事帰りにバスでうとうとしていたら、となりにでっかい(背が高い)外人さんが座っててびっくりしてすっかり目が覚めました。

びっくりついでに目が合って、この時間なのに爽やかな笑顔。
やっぱり青い目って何かもってる。きっと。

昨日の願いが届いたのか、今日やっとギリギリで出納帳が出ました。
あー、よかった。

「来週会計士の〇〇さんが来社されますので、お忙しい中申し訳ありませんが先月の出納帳を頂けますでしょうか。よろしくお願い致します。(お願いだから明日出して)」

と切実な願いがこもったメモを書き残したのがよかったんでしょうか。

面倒くさい出納帳+予定外に大量の買掛、売掛の入力もあったけど、会計士さんの来社は水曜日。

あたし、火曜日休みです。
月曜日しか会社に行かないです。

"あたしって嫌われてます??"

と、認知が歪みかけました。

多忙なのは存じております。
なので待っていました。今日まで。
9月もそろそろ終わりの給料日。

でもね、会社の人は誰も見てない読んでないこの場だから言うけどね。

「今やってんの、8月の入力だからね!!」

うん。
なんかこれ、案外スッキリしますね。

終わったからいいや。

今日、母の誕生日プレゼントを買いました。
正直何年ぶりだか思い出せない。
今年の母の日にケーキ買ったのすら、久しぶりすぎて買っていいものか悩んだ。笑

何を買えばいいのか分からずに、お店を行ったりきたり。
"もう、別に買わなくていいんじゃね?"
なんて思いつつ。

ふらりと入った雑貨屋さんでマグカップが売ってて、結構可愛い。

そして閃いた自分。

"あの人毎日コーヒ飲んでる!!"

そして多々あるマグカップの前で悩む事20~30分。

あたし気付きました。 

好み知らない+何かっていいか分からない
=全く決まらない。

そもそもマグカップでいいのかと振り出しに戻る自分の脳内会議。

そんな難題を抱えて苦悶していたあたしを救ってくれたのは、雑貨屋さんのお兄さんでした。

「贈り物をお探しですか?」と。

「そうなんです!母の誕生日で!でも全く好み知らないし、色々あって10年はプレゼントしてないし、こういう時ってどうしたらいいんですかね!?」と叫びたいあたし。

確実にヤバいと思われるので心の中に留めました。

「母の誕生日なんですけど、コーヒが好き(だと思う)ので、マグカップにしようかと思ってるんですけどなかなか決まらなくて」

きっと何十分もマグカップコーナーで悩む客を見ていて、悩みの深刻さが伝わったんでしょうか。

的確なアドバイスをくれました。

「コーヒーがお好きで毎日飲む方でしたら持ち手が大きい方が熱くなくていいですよ。お母様でしたら、手が疲れないので軽いものもいいと思います。」

なるほどね!!!

結果、少し重いけど持ち手が大きいマグカップを買いました。

カモミールとネコがメインで描いてある、ゆる~い絵柄。
ネコがなんともふてぶてしくて可愛い。

「可愛らしいので、お母様もきっと喜ばれますよ」

爽やか笑顔のお兄さん、まじでありがとう!

そして帰ったら最大の難関が待っています。

「どうやって渡せばいいのか」

居ない隙に部屋に置いておこうか。
「誕生日おめでとう」とか書いて。

いやいや、手渡したいけど。

あーーー!!!

なんか疲れてきた…。

とりあえず帰ろう。

それで考えよう。
できれば帰った勢いで渡してしまおう。
うん、そうしよう。

そしてさっさと寝よう。

明日は休み!遊ぶ!多分。

みなさんも良い休日を。
Good night.☪︎⋆。˚✩