読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxx&you

暇な時、何かもやもやして吐き出したい時、嬉しかった事があった時、気の向くままに書いています。

ありがとう。オレンジジュース

カフェ 休み 日常

こんばんは!

今日は帰る途中でカフェに寄って、久しぶりに1人でぼーっとしてます。

やっぱりぼーっとする時間がないと息が詰まるのか、イライラしやすくなるめんどくさいヒマさんです。

休みを満喫したい自分ですが、そろそろ今後の事を真面目に考えないといけないような気がしてきました。

待っていてくれる会社の人達を考えると、すごく嬉しい。

嬉しいけど、しんどいなあ…と思ったり。

休職期間が終わったら復職はするけれど、他の選択肢も考えてたり。

病気がどうのこうの、病気が原因で、とか考えても仕方ない&多分そこまで重要でもない気がしなくもないんですよね。

もちろん辞めるなら、他を決めてからにしますけど…これでいいのか、自分!とか思う最近のヒマさんの頭の中。

死にそうなパニックを起こしながらも、今の職場にそこまでこだわる理由って何?と言われると、明確な理由がある訳でもなく…。

診察でもCLでも話し合うけれど、最後は自分で決めるものだし、決めなきゃいけない事だし。

うーーーーーん・・・

とりあえず、調子の悪い時と夜の考え事はろくな事を考えないからゆっくりしようとは思うのだけど。

仲のいい子と異次元なデイに行ってますが、いやあ…不思議な空間。

Dr.をはじめ、看護師さん、PSWの職員さんに「通ってて勝手な事を言って申し訳ないんですけど、仲のいい子以外の人とあまりお近づきになりたくない」と話した自分。

とてつもなく失礼だと思うんのだけど…。

ありがたい事に

もちろんシャットダウンしちゃっていいから。

と言ってもらえるくらいに異次元なんですよね。

色々な病気の方がいて、人それぞれ症状が違うのはもちろん分かるし、通ってる自分も病気なんですけども…。

何事も経験だ!と方向性がわりと間違ってる気がしなくもない事を考えながら、生活リズムを崩さないという大義名分のもと通ってる自分。

そんな自分を嫌な顔ひとつせずに、いつも

無理しないでゆっくり過ごすんだよと言ってくれる彼には感謝です。

付き合う事になった経緯を思うと、結構不思議なもので。

彼とはほとんど話した事もなくて、友人の友人という微妙に遠い関係だったのだけど。

みんなで集まった帰りに、同じ方向で帰るのが2人だったので少しお茶でもします?みたいな流れでカフェに入って初めて色々話しをしたんですよね。

あんまりよく知らない野球の話で、イチローなら少し知ってるからイチローについて教えてもらったり。

よく笑う明るい人だなあ…と思って、楽しかったのはすごく思ったのだけど。

そしたらどういう流れか

”な、なんかこの流れ…もしや口説かれてる系なのか?!”という話になり…。

いやいや、あたしなんてやめた方がいいと思いますよ!うん、やめといた方が身のためだと思います!!

そうだ!とりあえず一旦落ち着いて考えた方がいいよ!←お前がねと思われたに違いない…。

と、やたらと焦って謎の発言をする自分。

こんなに焦ったのには理由がありまして…。

その日の朝に起きた時になぜだか、ふと

”あ、あたし〇〇さんと付き合うかもしれない”

って思ったんですよーーー!

その時は、いやいや何を寝ぼけてんだ、あたしは。くらいに思ったのだけど。

まさかその流れになるとは思わず、めっちゃ焦りました。

そんなに俺の事が嫌ですか?と言われて、いやいやいや!〇〇さんはとても素敵な人だと思います!!!と全力で言いつつ、内心”なになになに?!嘘でしょ?なんでなんでなんでーーー?!?!”とパニック状態。

ほとんど話した事もなくて意識もしてなかった男性なのに、朝起きて突然”付き合うかも”なんて寝ぼけた頭の中の事だと思ってたのに、こんな事あるの?!って普通なりますよね。

あわあわしてたら、不思議に思ったらしく

(でしょうね!と今は思うけど)

もしかして、俺の事怪しいと思ってますか?

確かに突然こんな事言われたら、そう思われますよね…。と言われて余計に焦る自分。

いやいや!あんたも若干勘違いしてるよ!!

と、思いつつ朝に思った事なんて言えるわけもなく…。

どうしよう、なんて言ったらいいんだ…と思っていたら、彼が席を立ってどこかに行っちゃったんですよね。

ああ、これは確実にやっちまった…。

と申し訳なく思っていたら、彼がオレンジシュースを持って再び登場。

何か飲んだ方がいいかなと思って買ってきたんですけど…勝手に席を立ってすみません。

と謝る彼。

そんな彼を見つめつつ、この人優しいな、とか気を使ってくれたんだな、とか思う所なのだろうけど、 何故かあたしの頭の中では

なぜオレンジジュースなんだ…。 

という事でいっぱいになりました。

そこで意味もなく笑ってしまい

え?何かおかしいですか?

あ!オレンジジュース嫌いでしたか?!

と慌てて別の飲み物を買いに行こうとする彼を、実はあたしオレンジジュースが大好きなんです!とあたしも慌てて彼を引き止め、オレンジジュースを飲んで落ち着きを取り戻したヒマさんです。

その後、あたしでよければよろしくお願いします、と話はまとまったんですけど…。

今考えると、オレンジジュースがなかったら

どうなってたんだろうとか思います。

付き合ってから少し経って、朝にふと付き合うかもって思った事を話したら彼も不思議がってました。

面白い事ってあるんですね。

たまに今スクラッチやったら当たるかもって思って1枚だけ買ってみると、当たったりするんです。

多分、偶然ですけど。笑
f:id:uta78wallflower:20160907192655j:image

ネイル第2弾!

バラの柄にしてみました🌹