読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxx&you

暇な時、何かもやもやして吐き出したい時、嬉しかった事があった時、気の向くままに書いています。

ラベンダーの咲くところ。悩むバレンタイン。

こんばんは!

今さっきPinterestというアプリで景色の写真を見ていたら

”ラベンダー畑に行ってみたいな”と、ふと思いました。
f:id:uta78wallflower:20170207234335j:image

そこから、どこか行きたい場所ってあるかなーと考えをめぐらせていたのだけど思い浮かぶのは自然の中。

光が差し込む絵に書いたようなキレイな森とか、星がたくさん見える丘とか。

クジラも見てみたいし、イルカと泳いだりもしてみたい。

広い草原とかも行ってみたいし、見渡す限り青くて小さい可愛い花が咲いている所にも行ってみたい。

森に行ったら森林浴をして、偶然野うさぎとかに会えたら絶対に癒されるだろうなーとか。

そんな事をぼーっと考えてた夜中のヒマです。

この前の土曜日に彼に連れられて鎌倉まで行って、ハイキングという名の登山をしてきました。それも、山を2つも。

地元の駅は鎌倉に近いので、北鎌倉までハイキングしよう!と北鎌倉へ抜ける山を登って山頂でお昼。

天気も良くて、海も富士山もよく見えました。

そこを下山すると北鎌倉。

1時間半くらいで着いたのかな、多分。

そこで少し休憩をして、彼に付いて歩いて行ったらまわりの景色がどんどん険しくなってくるじゃないですか。 

 

なんていうかこれは…

素直にハメられた感ハンパない。

さっき山1つ登ったよね。

前日にここに登ろうね、で終わってたよね。

なんかすごい険しい道になってきて転びそうなんだけど、ちょっと掴まってていい?

前から割と本気なウェア着てる人達来てるけど、ここってもしかして山?

いや、どう考えても山だよね。

あれ?この標識おかしくない?  

〇〇山←これ、山って書いてない?

書いてあるよね、確実に。

という事は、これは確信犯で

こいつ、また登るつもりだったのか…。

あたし登るなんて聞いてないよーと泣き言を言いながらも、なんとか到着。

この前まで引きこもってたのも相まって

本気で疲れました、いやほんとに。

のほほんと日向ぼっこは気持ちよかったけれど、それからの下りがしんどかった…。

下った先は鎌倉。

鶴岡八幡宮で参拝して、彼の企みは無事成功したようです。

歩数計のアプリを入れてるので確認したら

距離が約15km、歩数は21,000歩でした。

さすがに帰りは鎌倉から電車に乗ったけれど、次の日は筋肉痛で動けず…。

そして疲れすぎたのか、胃腸炎になるという残念すぎるヒマさん。

月曜日に内科で薬を貰ってきました…。

でも楽しかったです。

不思議と引きこもってた割には歩けるじゃんね、と謎の自信にもなりました。

次の土曜日に晴れていたら、また過酷はハイキングをする事になってます。

今度はもうちょっと楽なコースにしてくれると嬉しいかも、っていうかごめん。そうじゃないと無理だからほんと。

と、一応お願いはしておきました。

車の件がまだ片付かないので、しばらくはこんな風に歩いたりするデートになりそうです。

なんだか新鮮で楽しい。

テレビで土屋太鳳織田裕二が出てる自動車保険のCMを見て、2人で同じ事を言いました。

「真島さんだったらいいのにね…」

 

来週はバレンタインですね!

去年はあげていなくて、今年はどうしようかなーと思ってました。

あげてないのにホワイトデーのお返しは何がいい?と聞かれた去年。

あげてないのにお返しくれるの?と聞いたら、そういえば貰ってないよな…と不思議な事になってました。

あれ、もしかして…

誰かと勘違いしてらっしゃる?

もしかしてもしかするとか?!

---------✁︎キリトリ線✁︎-----------------✁︎キリトリ線✁︎--------

そんな事をする人ではないという謎の確信があるので疑ったりはしなかったのだけど、しばらくその事でいじくっていた性格の悪い自分です。

バレンタインは手作りをしているのだけど

手作りじゃない=手を抜いてる

という変な思い込みがあって思い切って聞いてみたら、せっかく用意してくれたのにそんな事は思わないよと意外な答え。

料理と違ってお菓子作りはすごく苦手です。

いつも頑張って作るんだけど、なんか形が不格好だったり、思ってた味じゃなかったり難しい。

パティシエの友達に連絡すると、女性が男にプレゼントするチョコレートを作ってる俺って何なの…と自問自答してる俺を少しは可哀想だと思え、と切実な思いを受け取るはめになりました。

ついでにクソ忙しくて死にそうだという近況報告を聞いていたら、割と本気で心配する忙しさでした。

パティシエも大変だねえ…っていうか、プロに手作りをあげる強者っているの?と聞いたら今の所いないそうです。

何をあげたら喜んでくれるんだろうって悩みながら探すのは、手作りするのと同じくらい気持ちがこもってるんじゃないの、とサラッといいアドバイスをくれました。

バレンタイン、喜んでくれるものを用意しようと思います。

ではでは Good night.